野菜中心の食事で育毛

最近髪が薄くなってきた、地肌が透けて見えるようになってきた、抜け毛が増えた、と心配している人は多いのではないでしょうか。薄毛や抜け毛の原因は様々です。
遺伝はかなり強力な原因で、両親のどちらかが薄毛だと、子供たちも薄くなる率は相当高くなります。
生活環境や生活習慣が影響する場合もあります。
どんな理由にしろ、「もうどうしようもない」「遺伝だから仕方がない」とあきらめるのではなく、「今日から」育毛対策を始めましょう。
今からでも決して遅くはありません。
早めの対策で、育毛をすることは可能です。
どんなことに注意するといいのでしょうか?
一番簡単にできること、それは食べ物に注意することです。
食べ物に気を遣うことは、育毛だけでなく、体全体の健康、精神の健康に寄与するので、非常に大切なことです。
女性も肌の調子が気になるときには、食べ物に気を遣い、野菜や果物などビタミンやミネラルが豊富に含まれた食事を意識して食べますよね。
食べ物に注意すれば、肌の調子も良くなってきます。
髪も、肌と同じたんぱく質成分でできています。
ですから、食べ物に注意すれば、髪も必ず生えてきますし、コシも出て丈夫になってくるはずです。
では、髪にいい食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
昔はよく、わかめや昆布などの海藻を食べると髪が生える、と言われていました。
確かに、海藻類はミネラルが豊富で栄養もありますが、髪に影響を及ぼすほどの栄養素を取るには、相当の量の海藻を食べなければいけません。
普段の食事あらそのくらいの量の海藻を食べるのは簡単ではありませんし、海藻に含まれるヨードの食べ過ぎは、逆にホルモンバランスを崩したり、代謝異常の原因になる病気を引き起こす原因にもなりかねないので、注意が必要です。
むしろ、毎日購入しやすく、食事に取り入れやすい野菜をたくさん食べるほうが、続けやすく効果的です。
最近髪がよく抜ける、という人は、普段どれくらい野菜を食べているか思い出してみてください。
お昼のコンビニのお弁当に、申し訳程度に付いているサラダなどでは、全然足りません。
もし、お弁当のための野菜のおかずなんて作っている暇がない、と言う方は、毎日一本野菜ジュースを飲むだけでだいぶ違います。
夜も、なるべく外食を避けて、家で野菜たっぷりの食事をしましょう。
料理が苦手、という人は、鍋がオススメです。
鍋のスープに、どんどんいろいろな野菜を入れるだけ。
肉より野菜を多く摂るように意識しましょう。
野菜中心の食事を続けていけば、きっと髪に変化が表れるはず。
なかなか効果が出ないからといって、あきらめてはいけません。
育毛の道のりは、一進一退かもしれませんが、あきらめないで生活習慣を見直せば、きっと数年後には「やって良かった」と思う日がくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*