正しく使えば育毛剤は効果的

67歳の母が薄毛で悩んでおりました。
育毛剤や、育毛シャンプーなどの購入経験もあったみたいですが、どれも効果は無かったようです。
育毛剤は効果がないというイメージは、私も持っていました。
ですが、化粧品もそうですが、使い方が正しくないから、効果が出ないのではないかと思い、ネットで色々と検索し、効果的な育毛を行うにはどうするべきが、調べました。
やはり、今まで、意味のない使い方をしていたのではないかと思います。
母の抜け毛の原因は、老化というのが一番に考えられました。
薄毛の原因により、選び方も色々とある事がわかり、母にあう、育毛のシャンプーと育毛剤を購入しました。
まずは、普段のライフスタイルから改善してもらいました。

第一に食事です。
刺激のある食事を頻繁には摂らない事。
大豆製品や、魚などのタンパク質を意識して摂る事。
黒い食品を意識して選ぶ事。
例えば、お米なら玄米、砂糖なら黒砂糖など。
他に海藻や、黒豆などです。

第二に睡眠です。
夜はなるべく22~2時の間に睡眠を摂る事。
6時間は睡眠を摂る事。
その際、加湿しておく事です。

第三に、ストレスを溜めない事です。
母の好きな事を週1日は最低付き合う事にしました。
カラオケ、大衆演劇、スパ(岩盤浴付き)です。

これらを、習慣付けてもらいました。
そして、お風呂に入る際の注意点も伝えました。
まず身体を洗う前に、41度位のぬるめのお湯に10分浸かる事。
頭を洗う際は、まずはお湯だけで、3~5分位入念に洗い流す事です。
これで、頭皮の汚れや、髪の汚れも殆ど落ちます。
髪に良いアミノ酸系のシャンプーは泡立ちが良くないので、お湯で洗い流すと、泡も立ちやすいです。
髪を洗う時の指も、爪を立てず腹の部分で優しくマッサージする様に行います。
次にシャンプーは先に記載しましたが、アミノ酸系の頭皮に良いモノを選びました。
泡立ちや、香りで選んでしまうと、市販のモノになり、頭皮に刺激が強いとの事でした。
コンディショナーを使う時も、重要な注意点がありました。
コンディショナーは髪を保護するものであり、頭皮や育毛には良くないという事です。
頭皮の部分にまでコンディショナーを塗りこんでしまうと、後から使用する育毛剤が浸透されないとの事でした。
そういう事かと、とても納得しました。
コンディショナーは使わなくてもいいらしいのですが、母が嫌がったので、髪の半分から下に付けて、充分すすぐ様に伝えました。
次に育毛剤ですが、根気よく、続ける事を心がけてもらいました。
髪を育てるということは、そんな簡単にはいかない様な気がしたからです。
頭皮をケアして、髪を太く、強くするには、ある程度期間が必要だと思います。
そして、母の髪に効果が出たのは、3ヶ月位経った時です。
思ったより早く効果が出ました。
頭のてっぺんに頭皮が、見えていたのですが、頭皮の見える面積が少し減って来ました。
何より、抜け毛が大幅に減ったようです。
まだまだ強く太い髪という程ではありませんが、少しでも目に見えて効果が出たので、本当に嬉しかったです。
もう一つ、嬉しい効果は、食生活や、ライフスタイルも改善したので、肌がツルツルになってます。
母が一番喜んでいるので、これからも無理ない範囲で続けていって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*