早目に取り組む育毛のすすめ

薄毛の人、つまり「ハゲ」が恥ずかしいとされる感覚は、海外に比べて日本では強いそうです。
言われてみるとハリウッドにも、「カッコイイ」とされる薄毛の俳優さんが多くいます。
ブルース・ウィルス、ジャック・ニコルソン、ニコラス・ケイジ。
だから平気!と思えるかというと、そうもいきませんよね。
だってここは日本ですもの。
女性の視線はもちろん、同性からの視線も気になります。
実は私も薄毛で悩んでいます。
まだ40歳前ですが、つむじを中心に抜け毛が多くなってきました。
日々、育毛に取り組んでいます。
一応、抜け毛の進行は抑えられているので、やっていることをご紹介します。

①規則正しい生活をする
以前は深夜まで起きていたりと不規則な生活をしていました。
仕事の都合もありますが、なるべく早寝早起きをするようにしています。
食事もしっかり三食取ります。
野菜や海藻類も食べるように心掛けています。
②洗髪の仕方
以前は爪を立てたりして、ゴシゴシと頭を洗っていました。
でもテレビなどで、頭皮を傷つけると育毛の妨げになると知り、改めました。
それ以外にも髪の洗い方を調べ、育毛に繋がるように実践しています。
シャンプーは手の平で伸ばしてから、頭に付けるようにしました。
原液を直接かけるのは刺激が強すぎて、頭皮に良くないそうです。
指の腹で円を描くように優しく洗うようにしました。
こうすることで頭皮のアブラを洗い出します。
また、血行も良くなり、育毛につながるそうです。
以前は頭のてっぺんから洗っていましたが、今はこめかみやえりあしなどから洗っていきます。
下の方からつむじに向って進めていきます。
テレビで見てから実践してみたところ、抜け毛が減ったように思います。
③色々な育毛剤を試す
入浴後には市販の育毛剤を使っています。
最初は色々と試しました。
体質との関係だと思いますが、中には逆に抜け毛が増える商品もありました。
10種類くらい試し、今は一番効果のあった1つの商品を使っています。
シャンプーもそうですが、たくさんあるので自分に合った物を選びましょう。
④気長にコツコツやる
1日2日で効果はありません。
続けることが大切だと思います。
まずは抜け毛を減らすことを目標にしました。
今のところ、なんとか進行を食い止めています。
⑤プロにまかせる
抜け毛は抑えられても、髪を増やすことは難しいです。
やはりプロにお願いする方が効果が高いと思います。
まだ実践していませんが自分も考えています。
育毛などの業者は料金が高い印象がありました。
でも、現在では、大分リーズナブルになっているようです。
テレビCMをメインに、ネット広告などでもよく目にします。
無料体験コースやリーズナブルな育毛コースもあるようです。
近い内に試してみようと思っています。

一度きりの人生、薄毛で悩むのはもったいないですよね。
早目に育毛に取り組み、明るい人生を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です